TOP > かねこやセレクト > 健康・機能性食品 > α-リノレン酸 > α-リノレン酸

えごまパウダー 130g

かねこやセレクトこちらの商品は、かねこやセレクト・定番おすすめ商品です。松阪しんまち店でも常時販売しています。

オメガ3脂肪酸・α-リノレン酸を含むえごまパウダー、ゴマ代わりに手軽に使えます

食用 亜麻仁油(フラックスオイル)
※ゴマ代わりに手軽に使えるえごまのパウダー

※パッケージは予告なく変わることがあります。

『油』について詳しくみてみましょう

JAN 4946763009156
容量 130g
賞味期間  
原材料 荏胡麻(中国産)
製造者 まるも
保存方法 高温多湿を避けて常温保存

えごまパウダー 商品説明

α-リノレン酸の含有量は、くるみの約2.6倍。
パウダー状ですので、ゴマ代わりにいろいろなお料理にふりかけお使いいただけます(和え物、パンやクッキー、天ぷら粉などに)。

アレルギー反応と「油」

現代人は昔の人に比べて「アレルギー反応を起こしやすい体」になっています。その原因のひとつは「脂肪」の摂取量ではないかと考えられています。

n-6系列(オメガ6)脂肪酸のリノール酸と、n-3系列(オメガ3脂肪酸)のα(アルファ)-リノレン酸は人間の体内で合成することのできないので必須脂肪酸と呼ばれています。この2つの必須脂肪酸は互いに協調して働いていますのでバランスが大切ですが、現代は、n-6系列のリノール酸が過多になっています。

リノール酸は、過剰に摂取するとアレルギー症状を強めたり、血管の病気やリウマチの要因になったりします。それに対してα(アルファ)-リノレン酸はリノール酸や動物性油脂の働きを押さえる(体内の炎症をおさえるなど)と言われています。(肉などに含まれる動物性油脂もリノール酸と同じくアレルギーの症状を強めます)

脂肪酸の分類

脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類でき、更に、不飽和脂肪酸はオメガ9脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸に分類することができます。

オメガ6脂肪酸のリノール酸と、オメガ3脂肪酸のα-リノレン酸は、体内で他の脂肪酸から作ることができない脂肪酸(=必須脂肪酸)ですので、食物として摂取する必要があります。

※体内でリノール酸からは、γ(ガンマ)-リノレン酸やアラキドン酸がつくられ、 α(アルファ)-リノレン酸からは、EPA(エイコサペンタエン酸)やDPA(ドコサヘキサエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が作られます。



飽和脂肪酸(=二重結合がない)
(常温で固体)・・・パルチミン酸、ステアリン酸など ・・・・肉の脂身など
不飽和
脂肪酸

(常温で
液体)
一価不飽和脂肪酸
(=二重結合がひとつある)
⇒ ※n-9系列 (オメガ9)・・・オレイン酸など
多価不飽和脂肪酸
(=二重結合が複数ある)
⇒ ※※n-6系列 (オメガ6)・・・※リノール酸、γ(ガンマ)-リノレン酸、 アラキドン酸など
⇒ ※n-3系列 (オメガ3)・・・※α(アルファ)-リノレン酸、EPA、DPAなど

※※CH3基(メチル基・・このCをオメガ)から何番目のCに二重結合がある(不飽和)かで、大きく3つに分類されます。3番目は、n-3系列(オメガ3)、6番目は、n-6系列(オメガ6)、9番目は、n-9系列(オメガ9)

何をどれくらい摂る?脂肪酸の種類とそれを多く含む食品

飽和脂肪酸を多く含む油 パーム油、豚脂、牛脂、牛肩ロース脂身、豚ロース脂身、豚肩肉脂身、バター、マーガリンハード、ショートニング、綿実油、米ぬか油、落花生油、コーン油、大豆油、ココナッツオイルなど
不飽和脂肪酸 n-9系列 (オメガ9)を多く含む油 オリーブ油、なたね(キャノーラ)油、 ナッツ油 、アボガド油、パーム油など
n-6系 (オメガ6)を多く含む油 べに花(サフラワー)油、 綿実油 、大豆油 、ヒマワリ油、コーン油、ごま油、落花生油、米ぬか油、なたね(キャノーラ)油、マーガリンソフト、くるみ、ナッツ、いりごま、ピスタチオ、落花生、アーモンドなど
γ(ガンマ)-リノレン酸・・・麻の実油(ヘンプオイル)
n-3系 (オメガ3)を多く含む油 α(アルファ)-リノレン酸・・・しそ油、えごま油、亜麻仁油(フラックスオイル)、インカインチオイル、海藻類、野菜(ほうれん草、春菊、小松菜、白菜、大根)など
EPA、DPA・・・まだい、まぐろ、ぶり、さば、はまち、はも、うなぎ、さんま、さわら、いわし、鮭、あじ、うなぎ、はもなど

※脂肪(油脂)は複数の脂肪酸の混合物です。上の表で重複があるのはその為です。

α(アルファ)-リノレン酸を多く含む食品は、魚や海藻類、野菜、種子(えごま油、亜麻仁油)、胚芽類(熱帯のものではないもの)などで、体内で必要に応じてEPA、DHAに作り変えられます。えごま油、亜麻仁油は、酸化されやすいので加熱調理には向きません。ドレッシングなどに使いましょう。

EPA、DPAは、魚に多く含まれます。体内で酸化されやすいので、抗酸化物質のビタミンEと一緒に摂ると良いそうです。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の摂取目安は、成人男性(30-49才)で、オメガ6脂肪酸は10g/日、オメガ3脂肪酸は2.1g/日。成人女性(30-49歳)で、オメガ6脂肪酸は8g/日、オメガ3脂肪酸は1.6g/日
生活習慣病予防の為、脂質は、総エネルギー摂取量の20%以上30%未満、飽和脂肪酸(=バター、マーガリン、動物性脂肪、パーム油など)は、総エネルギー摂取量の7%以下が目標とされています。(脂肪による健康影響 農林水産省2018.1.25

肉よりも魚を選び、野菜や穀物をたっぷり食べる和食メニュー中心の食事にして、油の撮りすぎに気をつけ、炎症(アレルギー症状)の起こりにくい体にしていきましょう。

自然食品かねこや セレクトとは

かねこやセレクトは、当店が選び抜き、自身を持ってお届けする定番商品です。
商品選びに迷ったら、かねこやセレクト商品をお選びください。