昔ながらのおいしさ、かめびしこいくち醤油

昔ながらのむしろ麹製法で作られた天然醸造醤油です

かめびしこいくち醤油濃い色なのにまろやかでコクのある味
かめびしこいくち醤油

寒くなってくるとおでんや大根や里芋の煮物、けんちん汁など体温まるご飯がおいしいですよね。そんな和食の基本調味料の1つといえばお醤油です。皆さんはどんなお醤油を使っていますか?和食はシンプルな味付けだからこそ、おいしいお醤油がおススメです^^。お醤油でこんなに違うんだなぁ!といつもびっくりするんですよね~。

今日ご紹介するのはかめびしこいくち醤油です。国内産の丸大豆と小麦を使用し、昔ながらのむしろ麹製法で作られたお醤油で、天然塩に天然にがりを加えることでかめびし独特の味を出しているとか。木桶で2年以上じーっくり発酵させることで旨みたっぷりのお醤油になっているそうです。

色は濃いですが味はまろやかでこくがあります。どんなお料理でも出しゃばりすぎず素材の旨みを引き出してくれるすぐれものですよ~!お醤油の味はお刺身を食べるとよくわかりますよね。ぜひ!一度味わってみて下さいね~。

 

タイトルとURLをコピーしました